不器用なのに手作り大好き

器用じゃなくてもニットの小物を編もう

ちょっとずつ寒くなり、編み物などが様になる季節です。
昨年からモチーフ編みならできるかな、と基礎から応用まで本だけは集め
徹底的、イメージ作りだけはやっているものの
やはり手先がついていかず。
そんなわたしでもストレス無く編めそうな本があります。



アンデミルミルetc.でかんたん手づくり ふわふわ、やわらかいね。毛糸のこもの。
っていう本です。
さてアンデミルミルetc.って何だよ
そう思われる方はこれをごらん下さい。

 
  

こんなかんじのものです。
形でピンとくるかもしれません。リリアンの手法で編むというものですね。
指編みも、リリアンの器具の役目を、指が果たしているような感じなので、指の数を多くして大きい作品が編めるようになったもの、または、毛糸用のリリアンっていうところでしょう。
アンデミルミルにはいろいろな大きさのものがありますから、作品に合わせたピッチのものを使ったり、また筒状にすればニット帽もできちゃう、というわけなんです。
指編みのマフラーも、普通に編んだマフラーをいくつか連結させて幅広のマフラーにしたことがあります。それをやらなくても、これだったらすぐに編めそう。マフラーなんてあっという間にできるんじゃないでしょうか。
指編みもどんどんつないでいける編み方もあるんですが、やはり編みかけのものをそのまま保管するのが大変。
そのときアンデミルミルみたいなのを段ボールで作ろうかな、とさえ思ったほどですが、便利なものができたんですね~
もう器用じゃなくても手作りができちゃうってことですね。良い時代だ~♪
段ボールで っていま書いたんですが、この本の中で、ダンボールを使った作り方も載っています。
それは編み方、っていうよりも織り方っていったほうがいいかな。
マフラーやストールなどができるんですが、素朴な雰囲気の作品ができます。

手織り機もけっこう人気ですよね。
でも手織りの機械って毛糸みたいなのは織れないんですよ。
近頃出ている大人の手芸用手織り機はよく分からないんですが、うちでは小学生の頃買ったおもちゃの『手織りプチ』があります。これとほとんど同じものではないかとおもうんですが、指編みに凝っていた頃、プチで織るマフラーに挑戦しました。でも糸を掛けるのに手間がかかり、やっと織り始めてすぐにリタイア。どうも思った通りの感じにはなりません。
探してみたら、ニットが編める手織り機っていうのも出てるみたいですが、どれぐらいの太さの毛糸が掛けられるのかな。
そんなに高くないんだな~

でもマフラーなどでは長さがあるので、縦糸を掛けるのがなかなか重労働なんです~
こんな本格的なのもあるけど、ちょっとした手作りには必要ないな~

   

さて、話がそれちゃいましたが
上で紹介している本の中で、さらに便利な器具が掲載されています。
それがこれ

 花モチーフカード(六角)
  

不器用だけど編み物にも挑戦したい、特にかぎ針編みを、っていう人には
モチーフ編みはおすすめ とどこかで読んだことがあります。
小さいモチーフをいろいろ編み、繋げるので、途中で辞めるときにも便利だし、まずはコースターのような小さい作品から取りかかれるからだというのですが、さらにモチーフを作りのにこんな便利な機械もあるんですね。
これもどこまで完成度の高いモチーフになるのかは分かりませんが、本の中ではコースター、コサージュ、スリッパの飾り、モービルなどの1こだけでも可愛いものや、繋げてテーブルランナーなども紹介されていて、けっこう良い感じです。テーブルランナーなどはモチーフつなぎのマフラーみたいにも応用できそうです。

また、もっともっと凄いものが。
マフラーや帽子につけるボンボン。これも作ってくれる器具があるんですね。
こちらです。もうここまでくると~ってもんですが。

 くるくるボンボン

これはこんなかんじの かわいいぬいぐるみをたくさん作るのに便利な器具みたいですね。

      

人形作りの本もたくさんあるみたいですよ。干支のぬいぐるみ作りキットもあるみたいなので、毎年作るのもおもしろそうだな~

こんな風に、不器用でずぼらなわたしでも、どんどん作る気になりそうな素敵な手芸用品ってたくさん出てるんですね~すごい。

最後に手芸本に戻ってみますが、こちらの本はアマゾンなどのクチコミではかなりの人気です。これから来る木枯らし舞うシーズンに、気持ちもからだもあったかくなりそうな作品、そして生活のヒントがつまったエッセイ的な雰囲気もあります。
読んでるだけで満足、でもありますが、作ってみようかっていう気持ちにもさせてくれますよ。

ふわふわ、やわらかいね。毛糸のこもの。 アンデミルミルetc.でかんたん手づくりふわふわ、やわらかいね。毛糸のこもの。 アンデミルミルetc.でかんたん手づくり
「十一月、空想雑貨店。」

河出書房新社 2004-09-03
売り上げランキング : 309372

関連商品
アンデミルミルで編む1dayニットこもの (プチブティックシリーズ 437) いつもの暮らし、いつもの時間。―アンティーク時計と過ごす、幸せなとき 雨ふりの本。 タイセツナヒトニ、贈ル。 「或る、晴れの日。」 もっとスローで、ずっとオリジナル。ウェディングスタイル読本
おすすめ平均 star
star手芸の本ではなかったけど〜
star妹尾武さん
star妹尾武さんの曲をこのご本で知りました
starふうん
star十一月空想雑貨店という名前に感動

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

クライムキさんの帽子本、第二弾出ていたんだ

昨日もちらりと書いてしまった帽子作りの本。
凝りはじめたのは一年前ぐらいで、手芸店の書籍売り場でなんとなく見たこちらの本。帽子作りでのリメイクもありだな、と突如ひらめいたのでありました。

手づくり帽子BOOK (レディブティックシリーズ―ソーイング (2443))
手づくり帽子BOOK (レディブティックシリーズ―ソーイング (2443))
おすすめ平均
starsDo you want to make some hats?...
stars基本的な帽子が載っています
stars作りやすいです
starsかわいいです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この ひらめき ってのがいつもくせ者で、ひらめいただけで終わってしまう自分。
この本はデザインも基本的で、シンプルでありながら、とっても可愛い。
これ素敵だけど日常に使えないよな~ っていう作品が載った本はよくありますが、この中にある帽子はどんな人でも似合いそう。そうでありながら、平凡過ぎもせず、それに作り方もあまり複雑じゃなさそう。
ひらめきだけの人間が言えた立場じゃないのですが、手芸本の楽しさは、これ使えそう、これ作れそう、っていう中にも、生活を楽しくしてくれそうな要素もなくちゃダメなんです。
この3つが揃った作品だな、と思えたとき、この本買おう、といつも思います。
帽子作りの本の中では、この本はダントツこの3つが揃ったものだといえそうです。

ただ初心者としては、写真入りで作り方が書いてないと不安なので、手取り足取りな本も欲しい。こういう材料を揃えたら、こういう風に裁断して、こうやって縫ってね、みたいなぐらい親切じゃないとできない。
作り方が丁寧だ、と評価の高いクライムキさんの帽子本、うふふな帽子 って、ネットでは在庫切れが多く、オークションなどではプレミアがついていました。
また送料負担で、クライムキさんのサイトでも買えましたが、見つけた中では大きな某書店で1冊残っていたのでこちらを買おうと狙っていました。

それが~ この前その書店に行ったら、この本のパート2が出ていて、何冊もあるじゃないですかっ。
さらに2にも関わらず、紹介されている帽子の種類が1とは異なるものもあるため、続編と思えないぐらい丁寧に書いてあります。
そしてパッと見た感じでは、2の作品群のほうがデザイン的にも被りやすそう。
先ほど紹介した手づくり帽子BOOKに近い作風で、布使いなどもアレンジしやすいんじゃないかと思いました。そうシンプルながら程良いオリジナリティもある、っていうのかな~
1のほうはやや個性的なものが多く、元気になりそうな帽子が多かったです。

帽子の基礎BOOK―クライ・ムキのうふふな帽子2
帽子の基礎BOOK―クライ・ムキのうふふな帽子2クライ・ムキ

おすすめ平均
stars丁寧な解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クライ・ムキのうふふな帽子
クライ・ムキのうふふな帽子クライムキ

おすすめ平均
starsどれにしようかな?
stars自作帽子は楽しいな
stars気づけば午前2時でした。
stars写真満載で、親切な本♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また、帽子作りの本では群を抜いて人気のあるシリーズ、こちらもはずせませんね。
糸山弓子さんのものですが、糸山さんは帽子作家さんなのかな。帽子作りが専門の方みたいで、デザインの優れた帽子を、一般の人でも作りやすいように、と書かれた熱意溢れる本です。
より作りやすい基本のかたちの帽子を集めた最初のシリーズ、わがままな帽子。
ぼんやりページをめくっても、写真集みたいに素敵なものばかり。
そして作り方のページも、不器用でも作れるかな、と思わせられるほど親切です。
お洒落な作りの手芸本にありがちな、作り方は後回し的なものが一切ないのも好感が持てます。


わがままな帽子―初めての帽子作り
わがままな帽子―初めての帽子作り糸山 弓子

おすすめ平均
starsとにかく感激
stars丁寧に作ることの大切さも感じました
stars意外と簡単!!
stars映画のワンシーンのような…
stars☆、たりません!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第二弾のおしゃべりな帽子は、ややパターンが複雑な帽子にチャレンジできるように書いてあり、第一弾と同様、基本のかたちさえ覚えれば、応用で様々な帽子作りができるよ、という希望が沸いてくる本です。

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り
おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り糸山 弓子

おすすめ平均
starsちょっと中級者向け??
stars満足!
stars楽しい!かんたん!!めっちゃかわいい!!!
starsかわいい!おしゃれ!
stars分かりやすいけれど、2冊目だから。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帽子作りはミシンがなくても、手縫いでもできるし、古着のリメイクもOKだというのですが、やはり ひらめきだけのわたしは、まず手縫いの基本からもう一度だな~

基本ができるようになり、それから応用。どうも基本を飛び越えて応用の夢ばかりがひらめく癖があって、中高生時代から家庭科の評価は「もう一度作り直してみましょう」ばかりでした。
縫うのが苦手で、タッチボンドでなんでも工作みたいに作っちゃおう、と甘い夢も描いてみたものの、さすがにタッチボンドでは帽子もバッグも無理だな~と気づいたこのごろ。
バッグの方は縫わずにできる、っていう作品も見つけたんですが、ちくちく針仕事で愛着ある作品を作ってみたい秋であります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

手作り雑貨の本 見つけたよ

不器用なくせに本を見てるだけで作った気になるのが、ハンドメイド本。
また書店で立ち読みしながら良さそうな本を見つけてきました。
わたしが凝っているのは、主にリメイクに役立ちそうなもの。
捨てられない人間の見本みたいなヤツなので、なんでも捨てたくない。それをただ使えるだけじゃなくて、見てるだけでもかわいい、さらに使い勝手の良い雑貨にできたら最高。
ってなわけで立ち読みしながら、夢が膨らむ膨らむ~

いまちょっといいな~と思ってるのが、着られなくなった洋服を裂いて、それを編むもの。つまり裂き編みです。
裂き編みで最近ちょこっと流行っているのが、布ぞうりなんですが、そんなに草履ばっか作ってもいられない。まあ作ってもいないうちからそんなこと書いちゃいけないのですが、もうちょっと他のものも作ってみたい(だから作ってから書けって~とセルフツッコミ)
やはりバーチャルで頭の中に作品を作ってからじゃないと、どうしてもやる気が起こらないタチでして、だけど裂き編みというと、どうしてもありがちなマットみたいなのしか紹介されていなかったんですよね。

それが珍しいぐらい洒落た雑貨の本を見つけました。

裂き編み雑貨
4277431119

いわゆるこの頃っぽいテイストの色遣いの雑貨が紹介されていて、ちょっと今までとは違います。
使う布で雰囲気が変わるので、作る人によって作品のテイストは変えられますが、今まであまり紹介されなかった感じの雑貨が紹介されてます。
裂き編み界のプリンス(?)ともいえそうな草履もありますし、定番のマットも編み方や色遣いでこれだけ今っぽく、雑貨っぽくできるんだ~というものです。
今どきの編む雑貨では欠かせなくなった、コースターやバッグもあり、考えてみればマットを基本に、かたちさえ変えればコースターにもランチョンマットにも鍋敷きにもできるわけですが、応用のきかない者にとってはどうしてもこういう参考書が必要になってきます。
また、この本には裂き方も書いてあるんですが、手で裂く方法と、ハサミを使った裂き方とがあり、手でうまく裂けない場合やほつれが気になるとき、ハサミで裂いてもいいんだよ、という親切さが、初心者にはすごくありがたく感じます。

裂き編みのプリンス、草履ですが、これもちょっと前に本を買いました。
けっこう評価が高かったこちらなんですが


はじめて編む布ぞうり―いちばんおしゃれ!いちばんわかりやすい!
はじめて編む布ぞうり―いちばんおしゃれ!いちばんわかりやすい!
蔭山 はるみ

関連商品
やさしい手作り布ぞうり (主婦の友生活シリーズ)
手で編む可愛い布ぞうり お気に入りの布で! 思い出の服で!
親子で編む!履く!布ぞうり----ベビーからパパまで。5サイズの型紙つき
ウエストゴムのすっきり見えスカート 直線縫いで♪ こだわりシルエット、ワザありディテール
布草履・藁草履を作ろう―レトロな味わいの藁の草履から衣類を再利用した布の草履まで
by G-Tools

皆さんの評価通り、たしかに裂き編みの草履本の中では、かなりお洒落な作品が揃っています。
布によっての仕上がりの違いもよく分かり、作るときに便利な編み具の作り方もあります。
ですが、本屋で他の本もチェックしてみたら、こっちもけっこういいんです。

布ぞうりを作る!履く!―家じゅうの布から (角川SSCムック 毎日が発見シリーズ)
布ぞうりを作る!履く!―家じゅうの布から (角川SSCムック 毎日が発見シリーズ)
おすすめ平均
starsわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何がいいって、家にある布を使って、というコンセプトですから、こちらには願ったり叶ったり。
さらにリメイクが目的なので、着古した洋服の解体法が洋服の種類別に、他の本よりも丁寧に書いてあります。
また、編み具についてもいろいろな種類のもの、日用品で容易に代用できる方法なども書いてあって、実用的な本です。

さらに裂き編みではないんですが、リメイクという点で同じぐらい注目しているのは、
帽子作りなんです。
バッグもリメイク布でできたらいいな~と思いますが、ただでさえ基本もできない人間がすぐに作れるわけない。
帽子もバッグも本だけは買い集めている、気の早いヤツなんです。
使わないバスタオルで枕カバーも作りたい。
だけどその前にミシンを使いこなせなきゃ~(ええ これもできないんですわ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

読んでるだけで満足するハンドメイドの本

台風が関東地方にやって来ます。
やや蒸し暑いのですが、少しだけ開けた窓から入る強い風が涼を運んで
外から遮断された空間になると、読書をしたくなりませんか
って
んなこと書いてる場合でもないんですが
この前買ったハンドメイドの本を、PC消して読んだりしてます。

中学の頃からお裁縫は苦手で
面倒くさがりのくせに凝ったデザインのものを作りたがるので
いつも時間内に仕上がらなくて、家で適当に縫って
それが不出来でやり直しばかりでした。
高校の時なんて
先生からの評価
「もう一度作り直してみましょう」
これ以下の評価ってあるだろうか~

それがハンドメイドを考えるのは好きなんです
だけど自分がすごい不器用なの分かってるので
ずっと見ないふりしてました。
2000年のころ
編み物の貴公子、広瀬先生をテレビで見て
おもしろ半分(失礼)興味本位でデパートの講演会に行ってみました。
会社の後輩と、どんな人なんだろう、おネエなんだろうかと言いながら、先生の指編み講座を受け
指編みマフラー作りにハマっちゃいました。
講座のときだって、後輩がすらすら編めてるのに、目が詰まりすぎで指から毛糸が抜けない状態に陥ったのでしたが
なぜだかその時は家で編み直して、きちんとマフラーを作り上げたのです~
そこから気持ちだけハンドメイド好きな心が動き出しました♪
いろいろな毛糸でどんなものができるか編んでみたくなったんです。
さらにはストールまで編み始めたほどで
編み物の伝道師、広瀬先生は、ハンドメイド人口まで増やしたんじゃないかと思います。

いま作りたいと思っている本をちょこっと紹介するはずが
自分の不器用さと手芸嫌いがハンドメイドに目覚めるまで、を書いてしまいました。
買うだけで満足な状態になってますが
いつかちゃんとやってみたい、と思っている、読むだけでも素敵なハンドメイドの本をちょこちょこと紹介していきたいと思います。
下のリンクは指編みの本で初めて選んだもの。
わりと安くてわかりやすいので、講座の後この本で勉強してました。

はじめてのゆび編み―ゆび生きいき健康ライフ
はじめてのゆび編み―ゆび生きいき健康ライフ篠原 くにこ

日本ヴォーグ社 1999-06
売り上げランキング : 276823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゆびあみはじめてレッスン―ゆび先であむ健康手芸 子どもからお年よりまで 広瀬光治のゆび編みレッスン 広瀬光治のこどものてあみ (Let’s knit series)

広瀬先生の本はそのとき近くの書店でたまたま売ってなかったのかな。
まだネットで買ったりできなかった頃で
すぐに始めたくてこれを買いましたが
なかなか良かったかもしれません。
道具を使った編み物にもチャレンジしてみたいんですけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)